HOME

企業理念

私たちケイエスサービスは、
故人様への思いやりと真心を大切に
「湯灌の儀式」を執り行っております。
大切な方を送られる皆様の心を少しでも癒せるように・・・
そして、故人様の新たな旅立ちを
美しく尊厳あるものとするために・・・

スタッフ一同、プロならではの技術と精神を研鑽し、
皆様の心の安らぎの一助となれますよう努めてまいります。

企業理念

イメージ画像『故人様に親切であれ。』

それが、私たちのモットーです。
どんな人生を歩んでこられたとしても、神様や仏様の元に旅立たれるときは綺麗にして差し上げるべきだと思います。

人は、生まれてきた時、必ず産湯につかります。
「湯灌」もまた、故人の新たな旅立ちの時にふさわしい産湯のようなものなのです。
そう考えれば、必然的に故人に対する想いがやさしいものになるでしょう。
私たちケイエスサービスのスタッフは、全員がこの想いを共有しています。
綺麗にすることとは、見た目だけではありません。
私は、スタッフによく「身内のつもりで」と言っています。
一つひとつの所作も丁寧であること、これは私たちケイエスサービスの絶対の自信でもあります。

社長挨拶

社長イラスト以前、葬儀関係の仕事に携わっていたのですが、その頃より、できうる限り故人様にやさしく寄り添いたいと思って努めてきました。
しかし、人の死というものを身近に感じる環境において目の当たりにしたのは、高い棺に入れたり祭壇を豪華にしたり・・・とお葬儀にはお金をかけるのに、送られる方そのものに対してはとても簡単に、きつく言えば粗末に扱うという現実です。
古来より、死者をお棺に入れる際には、家族や故人にゆかりのあった人々が清めていました。

これが、いわゆる「湯灌の儀式」です。
私の場合、幼少時代から近所の方々が当然のように行っていたので、日常に浸透していたのでしょうね。
だから、死者に対する想いが自然と深いのかもしれません。
そこで、「湯灌」を通じてより故人様を大切にお送りしたい・・・と湯灌業者に転職しました。
しかし、私が想うものとは違っていたのです。亡くなられた方に対する想いが浅い・・・と。
そこで独立し、当社を立ち上げたのです。

代表取締役 土橋 三郎